p1_kao_fukidashi3.png

これまでの主な活動
平成25年3月

  • 平成25年3月14日第4回定例全体会
  • 小田急相模原駅文化交流プラザ(おださがプラザ)にて
  • 出席者7名
  • 会員開催研修会
  • ア テーマ「イチョウ堆肥の現状と今後」
  • 発表者 株式会社 植藤  代表取締役会長 石川 龍二
  • イ テーマ 施行事例「地熱製品GEOパワーシステム」
  • 発表者 株式会社 櫻内工務店 専務取締役 櫻内 晃
  • ウ テーマ「継続雇用制の改正と労働契約法の改正」
  • (副題 もう時間がない法改正への具体的な対応)
  • 発表者 萩野社労士事務所 社会保険労務士 萩野 武

平成25年5月
 25年5月に定期総会が無事終了して、今後も、会員企業がかわるがわる講師をして、様々なテーマで勉強会をすることになりました。

平成25年7月
 25年7月、会員企業の千葉技工さんの本社移転の成果についして、話を伺いました。新社屋は、圏央道の海老名インターから数分の場所にあります。
 これまで工場や営業所が分散していたところを、1箇所に集中させたとのことです。
 いまは、東名高速と直結しており、自動車での移動が至便で、これまでに比べて圧倒的に効率が良くなったとのことです。
 これまで客先に出向いて各種の装置や設備のデモンストレーションをしていたところを、顧客を工場に招待して、設備を紹介し、実験もできるスペースを確保しました。
 こうしたことから、人件費も維持管理費も節約でき、作業効率が圧倒的に良くなったとのことです。
 規模の拡大に伴って全体として効率が悪化してきている企業にとっては、大変参考になる講演でした。
 講演終了後には、参加者全員で本厚木に移動して、楽しく暑気払いをしました。

平成25年9月
 25年9月は、会員企業の秋森鉄筋さんの工場を見学しました。
 鉄筋を組み立てる広大な作業場を拝見しました。
 また、他の鉄筋工事やさんにはできない複雑なカーブを描く屋根の鉄筋工事の苦労話を聞くことができました。
 こうした特殊技術を持つことが、企業の強みになることがよく分かりました。

◎力をいれた過去の活動・イベント◎

平成21年 屋上庭園実験 

〜協力:神奈川県立相原高校〜

11.pngさがみモノづくり研究会は、相模原市や座間市等の企業の集まりです。
造園、建設、電気、水道工事等を専門とする企業も含まれます。
今年、神奈川県の支援を受けて、屋上庭園の研究を開始しました。
この研究には、実験場が必要です。
神奈川県立相原高校の先生のご尽力により、実験場をお借りしました。  

あらかじめ様々な草木を育てておいた畳を、自作の屋上庭園装置に装着していきます。
詳しくは こちら

p1_form_kazarisen.png

さがみモノづくり研究会では、現在幅広く意見交換をしあう会員を大募集中です。
興味を持たれた方は、上記のいずれかの会員のホームページから、見学あるいは会員参加のお申込みをお願い致します。

menu1.pngmenu1.png

menu2.pngmenu2.png

menu3.pngmenu3.png

menu4.pngmenu4.png